当教室の特徴

教室紹介

「救急医学」は、「内科」、「外科」とともに3基本科目の一つに設定されており、近年、救急医療の重要性が広く認識されるところとなりつつあります。このような認識に伴い、単独臓器によらず全身をみる学問として救急医学が設立され、救急科は基本領域の専門医として登録されました。日本大学救急医学教室(日本大学医学部救急医学系救急集中治療医学分野)は1992年に新設された教室であり、都内2カ所の大規模な救命救急センターを擁しています。取り扱う患者として重症外傷、脳卒中、急性冠症候群(急性心筋梗塞)、急性腹症、急性中毒、重症熱傷、心肺停止、急性心不全、急性呼吸不全などの重症患者が主体でありこの様な症例に対する治療・手術・集中治療管理を得意分野として全身管理という立場から多くの研究を行っております。特に集中治療は世界トップレベルであり、重症者に対する呼吸・循環管理、感染制御、栄養管理、血液浄化療法を施行しています。また、緊急手術や各種血管内カテーテル手術・治療などは、救命救急センター内に併設してある血管撮影室・手術室などで積極的に行っています。各種血管内治療は当救命救急センターのもっとも得意とする分野の一つです。集中治療室としてICU、HCU、BCU (burn care unit)以外に、CCU (coronary care unit)、SCU (stroke care unit)を擁する救命救急センターは少数であり、一般集中治療とともに急性冠疾患、脳卒中などの診療修練ができるのも当救命救急センターの大きな特徴です。

教育について

臨床研修は卒後2年間の初期臨床研修終了後、3年次より救急医療および集中治療の後期研修に入ります。救急科専門医、集中治療専門医の取得を目標とし、救急サブスペシャルティーとして、内科認定医、外科専門医あるいは麻酔科専門医の取得を目指します。また、同時に医学博士の学位取得を目指します。これらの資格取得を希望しない場合には、短期の救急・集中治療研修も可能です。

大学院について

大学院への進学を希望する場合の受け入れが可能です。学位取得は専門医の取得と平行して行います。最短で4年次までに博士論文を作成し博士課程を修了します。大学院へ進学しない場合は9年次までに博士論文を作成し学位(医学博士)の取得が可能となります。当大学には、横断型大学院制度があり、4年間の大学院生活の中で、臨床と研究を両立させ、卒業時には学位と専門医試験の受験資格を得ることができます。医学・医療は常に右肩上がりに進歩します。常に新しい治療や医療情報を患者に提供することができなければなりません。そのために医師は、患者を治す医療者であると共に、常に新しいことを学び・考え・見いだしていく「医学者」であることが必要です。当救急医学系救急集中治療医学分野の横断型大学院に進学して、医学者への道に進んでみませんか。

各種シミュレーショントレーニング

教室には、アメリカ心臓教会(AHA)の国際救急トレーニングサイトを開設しており(AHA東京城北ECCトレーニングサイト)、種々の心肺蘇生法、救急心血管治療に関する国際資格を取得することができます。また、日本救急医学会の正式なICLS研修コースの開催も毎月行っています。これらの受講によって得られる修了資格は、現在、内科認定医、麻酔科専門医、救急科専門医、循環器科専門医などの専門医資格を取得するために必要となってきております(当教室ではこれらの教育システムを有しているため、資格取得を目的に他施設に研修に行く必要は全くありません)。
公的資格として、日本救急医学会心肺蘇生法(ICLS)インストラクター資格、日本外傷学会外傷初期診療(JATEC)インストラクター資格、病院前救護(JPTEC)インストラクター資格、アメリカ心臓協会(AHA)心肺蘇生法、救急心血管治療(ACLS, ECC)インストラクター資格、日本蘇生学会心肺蘇生法指導医資格などがあり、早い時期に取得できます。

研究について

研究として過大侵襲時の生体反応に関する基礎研究、分子生物学的な研究を積極的に行っており、また、温度変化や血糖の変化における血管内皮細胞の分子生物学的なアプローチとしてサイトカインの産生の変化やreal-time RT PCR 法によるmRNAの測定等を行っております。今後は、再生医療の分野にも展開していく予定です。
臨床研究として、重症敗血症に対する血液浄化療法や全身管理法、心肺停止蘇生後における脳低温療法、外傷における血管内塞栓療法、重症呼吸不全に関する呼吸管理法等の研究を行っております。
研究成果は国内外の学会で発表し、多くの分野で研究をリードしております。更には、研究結果を論文として欧文ジャーナルに発表を行っております。
国外留学は、後期臨床研修5年目(専門医取得後)を基本としますが、希望により早い時期の留学も可能です。現在までの教室員の留学先は、米国メイヨークリニック(過去1名)、米国マイアミ大学(過去3名)、米国シアトルハーバービューホスピタル(過去1名)、米国ニューヨーク大学(過去1名)となっております。

このような特徴ある当教室では、各種充実した研修システムを策定しております。当教室の見学、研修希望など随時受け付けておりますので、ご連絡下さい。
連絡先はこちら

当教室の特徴
ページトップ