HOME > 入局案内 > 研修体制について

入局案内

研修体制について

研修プログラム責任者

石原寿光

研修内容と到達目標

卒後2年間のスーパーローテート研修、内科におけるローテート研修を総合して一般臨床内科医として要求される医学知識、臨床能力を網羅的に習得することを目標とします。その後の後期研修にて糖尿病急性疾患(糖尿病性ケトアドーシスなど、当院は救急指定のため搬送されてくる1型の患者が多い)の病態の知識およびインスリンの使い方、エンパワーメントに代表される慢性疾患としての糖尿病の患者への対応及びコメディカルと協力して患者の問題点への専門的対応を勉強します。

評価(専門医修得のための試験など)

1. 内科学会認定内科医

最短で3年次修了とともに受験資格を得ます。症例サマリーと認定内科医資格試験(筆記)の合格が必要です。

. 糖尿病専門医

認定内科医資格取得後3年後以上の専門研修を経て受験資格を得ます。日本大学板橋病院糖尿病代謝内科医は研修指定施設です。症例サマリー(1型、妊娠糖尿病、合併症など)および学会発表(論文)2題を必要とします。

. 総合内科専門医

認定医取得後、症例サマリーと専門医資格試験(筆記)の合格が必要です。