ホーム>循環器内科・教室紹介
1)昭和26年、第2内科学教室が斎藤十六教授により開講されました。その後、大島研三教授に引き継がれ、腎臓、内分泌、高血圧、動脈硬化、心臓の各研究班が作られました。以後、波多野道信教授(板橋)、杉野信博教授(板橋)、八杉忠男教授(板橋)、梶原長雄教授(駿河台)、小沢友紀雄教授(板橋)、上松瀬勝男教授(駿河台)、斎藤穎教授(板橋)が着任されました。大講座制から臓器別に移行した現在では、平山篤志主任教授(板橋)、長尾建教授(駿河台)を中心に日本の循環器を背負って立つ循環器内科医の養成に励んでいます。

2)日本の循環器病学発展に寄与したリーダーの存在 上松瀬勝男教授はSwan-Ganzカテーテルで有名なGanz教授に師事し、急性心筋梗塞の原因の血栓を溶解するPTCR療法を世界に広めました。斎藤穎教授は1991年、日本で初めて血管内超音波法(IVUS)を臨床に取り入れ、国内に普及させました。2007年、日本の血管内視鏡の第一人者である平山篤志教授が主任教授として板橋病院に着任、2008年には心臓突然死や心肺蘇生など日本の救急医療のエクスパートである長尾建教授が駿河台病院に着任しました。こうしたリーダーの指導により、日本大学循環器内科では冠動脈内イメージングを始め、さまざまな分野の臨床や研究においてトップクラスを維持しています。


1) 虚血性心疾患(責任医師:高山 忠輝)
臨床面では、観血的な治療としてPCIを年間約500例行っています。心血管インターベンション治療学会の研修施設として認定され、インターベンション認定医を取得出来るように上級医による指導を行っています。また、希望があればインターベンション専門医としての研修も可能です。研究面では、急性冠症候群(ACS)に対しての緊急PCI治療、待機的な安定狭心症に対するPCIを施行する際に、血管内イメージング(血管内超音波法(IVUS)、血管内視鏡検査(CAS)、光干渉断層法(OCT)による観察により、不安定プラークを検索したり、プラークを安定化させる薬剤の検討を行い、2次予防に役立てています。既に、アトルバスタチン・ロスバスタチンによるプラーク安定化、退縮効果についての結果を数多く報告しています。基本的な知識・技術の習得はもちろんのこと、最先端の研究に触れながら医師としての研鑽を積むことが可能です。
 
2) 頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション
(責任医師:渡辺 一郎, 奥村 恭男)
当科での電気生理学的検査およびカテーテル焼灼術の歴史は古く1990年代より始まり、最近のトピックスである心房細動のアブレーションも他施設に先駆けて行っています。週に2-3例、年間を通じて120-150例の症例を行っており、現在までに約1400例の症例数に達しています。三次元マッピングシステムを始めとする最先端の医療機器を導入し、今まで難しく近寄りがたいイメージであった電気生理学的検査も理解しやすくなっています。また海外への留学で培ってきた最新の知識を基にした徹底的な指導体制も整っており、不整脈のスペシャリストの育成にも力を注いでいます。学術面においては、国内の学会だけでなく、毎年、国際学会で多くの発表を行っています。
 
3) ペースメーカー・植込み型除細動器(ICD)・重症心不全に対する両室ペーシング療法
(責任医師:中井 俊子)
徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療をはじめ、致死的不整脈(心室頻拍・心室細動)などに対するICD植込み、また、薬物治療だけではコントロール困難な重症心不全に対して心臓再同期療法(CRT: Cardiac Resynchronization Therapy)を積極的に導入しています。それぞれの機種の機能を十分理解して個々の症例に合った適切な機種を慎重に選択し、QOLの改善を目指しています。症例総数は、年間、150症例程で、植込み術の手技を磨くにも十分な症例数です。
 
4) 循環器画像診断
a) 心臓超音波(責任医師:笠巻 祐二)
日本大学板橋病院循環機能検査室では、年間約11000件の心エコー検査を行っております。検査は循環器内科医師のみならず、心エコー研修にきている各科医師および検査技師スタッフにより行われており、最新の超音波診断装置を用いて経食道心エコー、薬剤負荷心エコー、3Dエコーおよび最新テクノロジーを駆使した詳細な心機能解析や心臓同期性の評価など病態の把握から治療法の選択および治療効果の判定に役立つ研究を進めており、主要学会において多くの知見を発表しております。
b) 心臓核医学(責任医師:依田 俊一)
当科では年間約1500件の心筋シンチグラムを行っており、日本でもトップクラスの実績を有しています。単なる冠動脈疾患の検出のみならず、血行再建の適応を評価したり、治療効果の判定や心筋バイアビリティの評価など広く活用しています。最近では心不全で入院した患者の原因検索としてシンチを行うケースが増えています。当院では安静時タリウム、負荷時テクネシウムを用いたDual isotope法を採用しており、検査時間の短縮に努めています。検査終了後には可能な限り患者さんに画像を見せて結果説明をし、患者満足度を高めることに取り組んでいます。


c) 心臓MRI(責任医師:國本 聡)
心臓MRIは被爆を伴うこと無く、壁運動評価、呼吸同期下での冠動脈撮像、そしてGd造影剤を用いた心筋の質的評価など多くの情報を得ることができます。当科では年間約250例の心臓MRI検査を行っており、虚血性心疾患はもちろんのこと不整脈・心不全・心筋症といった幅広い症例へのアプローチを行い、より深い病態の解明と治療方針の検討を行っています。