ホーム>循環器内科・教室紹介

プログラム概要

内科ローテート研修(卒後3年目)
循環器内科を志望する初期臨床研修プログラムを終了した卒後3年目の医師は、まず内科学系に専修医として配属され1年間の内科ローテート研修を行います。ローテート研修は初期研修の2年間で未履修の内科学系各分野と総合内科が必須となり、残りの期間は希望する科を選択することが出来ます。循環器内科においては板橋病院での研修が主体となりますが、駿河台、光が丘病院での研修も希望により選択出来ます。さらに一般病棟での研修以外にCCUでの研修も希望により選択出来ます。

循環器内科専修医研修(卒後4年目以降)
卒後4年目以降は循環器内科専修医となり、一般病棟およびCCUにて病棟診療を中心に行います。さらに冠動脈造影、電気生理学的検査、心エコー、トレッドミル、心筋シンチグラムなどの検査にも加わり、技術の習得を目指します。大学院に進学しない専修医は通常5年目以降に関連病院での出張研修を行いますが、希望に応じて卒後4年目からの関連病院での出張研修も可能です。

循環器内科大学院での研修(卒後3年目以降)
循環器内科大学院には卒後3年目以降に入学することが出来ます。ただし、卒後3年目は内科学系専修医と同様の内科ローテート研修を受けて頂きます。実際には卒後4年目以降に大学院に入学する場合が多く、過去の研修キャリアと希望に応じて病棟診療業務を一定期間担当することがありますが、原則ベッドフライとし指導医のもとで研究活動を行い、循環器専門医および学位(医学博士)の取得を目指します。大学院卒業後は海外留学の道も開けており、更なるキャリアアップが可能となっています。

関連病院での研修
専修医コースでは卒後4~5年次以降、大学院コースでは大学院卒業後に2〜3年間の関連病院での研修を行い、循環器内科専門医取得を目指します。
出張関連病院:
春日部市立病院、横浜中央病院、川口市立医療センター、東京臨海病院、板橋区医師会病院、浮間中央病院

取得できる認定医、専門医
内科認定医、内科専門医、循環器専門医の取得が主体であり、その他、冠動脈インターベンション認定医・指導医、不整脈専門医、血管内視鏡認定医、集中治療専門医、ICD認定医、CRT認定医などの取得も可能です。当分野では内科認定医は90%以上、循環器専門医は70-80%の医局員が取得しています。

過去の国内留学実績
国立循環器病センター、大阪大学、東京大学、心臓血管研究所附属病院、榊原記念病院など。

過去の海外留学実績
Brigham & Women's Hospital, Harvard Medical School
MetroHealth Medical Center
University of North Carolina
Case Western Reserve University
Mayo Clinic Cedars-Sinai Medical Center
University of California, Irvine
Dalhousie University School of Medicine など