Research content
主な研究内容

血管内イメージングを用いた動脈硬化に関する研究

1) 血管内イメージングを用いた動脈硬化に関する研究
担当医師:廣 高史

先端に超音波や光を送受信できるセンサーを擁した直径1mmのカテーテルを生体で直接冠動脈などの血管の内腔へ挿入して、血管壁にできた数mmの厚さにすぎないプラークの内部構造を描出する技術である「血管内イメージング」を用いて、動脈硬化に関する研究をしています。具体的には、①種々の数学的信号解析の手法を導入した血管壁内に沈着した脂肪のビジュアルな描出技術の開発・応用、②壊力学や材料力学・流体力学の手法を用いた、心筋梗塞の主因と言われるプラークの崩壊破綻のメカニズムの解析、③プラークから返ってくる光や超音波信号の中に隠されたメッセージを探って、生命システムとその病的変化の本態の解明、④ステントなどの冠動脈形成術を行った後の生体反応や合併症のメカニズムについての研究、⑤触りたくなるほどに浮かびあがる3Dプラークイメージングシステムの開発、など行っています。

不整脈

2) 不整脈
担当医師:奥村 恭男、永嶋 孝一

動物実験では、新たなカテーテルアブレーション法の開発や出力、温度設定、カテーテルコンタクトなどの調節による焼灼領域の評価などに関する研究を主に行っています。臨床研究では、三次元マッピングを用いた心房粗動、心房細動、心室性不整脈の頻拍回路、起源の同定や血液生化学的検査、心臓超音波、心臓CT/MRIを駆使した心房細動の心房筋障害、線維化の進行の推察とカテーテルアブレーションの予後への影響、また、ブルガダ症候群、J wave症候群などの特発性心室細動の臨床的、電気生理学的特徴に関する研究など、多岐に渡り積極的に国内外へ研究発表を行っています。また、英語論文作成法、統計法などの指導体制も確立しているため、大学院生を始め、不整脈グループ各スタッフが毎年、国内、海外のjournalへ研究成果を学術論文として掲載しています。

循環器非侵襲的画像診断

3)循環器非侵襲的画像診断
担当医師:依田 俊一

心臓核医学は冠動脈疾患の診断、治療方針決定、予後予測に豊富なエビデンスを有し、Summed scoreによる虚血評価は心事故リスクの層別化に極めて有用です。我々は心臓核医学検査を行った患者に対する予後調査を行い、SPECT画像から定量した虚血指標を用いて、心血管イベントリスクに関する研究を多数行い、虚血量ガイドで行った治療選択と予後との関連を検討しています。冠動脈CTは冠狭窄を視覚的にとらえるには有用なモダリティですが、視覚的窄度のみでは治療方針決定は困難です。当科では心臓核医学と冠動脈CTをコンビネーションさせた虚血評価に力を注いでおり、近年日本においても使用可能となったFFRCTを積極的に用いて最適な治療方針を検討する研究も全国に先駆けて行っています。こうした研究成果は積極的に学会発表、学術論文として報告しております。

トランスレーショナルリサーチ

4)トランスレーショナルリサーチ
担当医師:北野 大輔

①大動物モデルを用いた冠動脈粥腫破綻機序と冠動脈インターベンション後の再狭窄及び血栓形成機序の解明

②先端画像解析による冠動脈疾患のイベントとマルチバイオマーカーストラテジーの開発