明日の笑顔のために
心の真ん中から心臓を守りたい。

Heart to Heart
Peacefully Saving Patients with Heart Disease from the Bottom of Heart

循環器内科の紹介

About 循環器内科の紹介

日本大学医学部循環器内科は、“Listen to the heart“、すなわち患者の心の声を聴くという心ある診療とともに、患者の心音を聞くというPhysical Examinationを何よりも大切にする医師を育てる教育の場です。また同時に、次の時代の新しい循環器治療の開発を研究する場でもあります。 少しでも社会に役立つ医師になりたいと思う若い人たちを心から歓迎します。

Recruit ⼊局・研修のご案内

当医局には、「虚血性心疾患」、「不整脈」、「心不全」、そして「画像診断」に至る各分野のエキスパートが揃っており、偏り無い幅広い研修をモットーとしております。 入局後のキャリアも出身大学に関係なく平等です。循環器内科は学問、技術のみならず体力的にもキツイと言われますが非常にやりがいのある職場です。医局員の福利厚生にも力を入れ、笑顔溢れる医局作りを目指しています。是非興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

循環器内科を目指す方々へ

循環器内科を目指す方々へ

高齢化が進む日本において今後も増え続ける循環器疾患に対応すべく、心技体が鍛えられた循環器内科医の養成が求められています。心臓カテーテル、不整脈、画像診断、心不全、救急医学のスペシャリストが揃う環境の中で、循環器専門医に必要なスキルを偏りなく習得することが出来ます。

研修・研究後の進路

研修・研究後の進路

卒後4年目以降は循環器内科専修医となり、一般病棟およびCCUにて病棟診療を中心に行います。さらに冠動脈造影、電気生理学的検査、心エコー、トレッドミル、心筋シンチグラムなどの検査にも加わり、技術の習得を目指します。大学院に進学しない専修医は通常5年目以降に関連病院での出張研修を行いますが、希望に応じて卒後4年目からの関連病院での出張研修も可能です。

取得可能な専門医・資格

取得可能な専門医・資格

内科ローテート研修(卒後3年目)・循環器内科専修医研修(卒後4年目以降)・循環器内科大学院での研修(卒後3年目以降)・関連病院での研修など、各コースについてご紹介いたします。

新入局員のご紹介

新入局員のご紹介

当科の新入局員をご紹介いたします。