日本大学医学部

学生生活

年間行事予定

4月 医学部新入生オリエンテーション
日本大学入学式〔於:日本武道館〕
医学部開講式
新入生歓迎会
5月 定期健康診断
6月 病院開院記念日
教職員学生懇談会
7月 医学部翠心後援会総会
東日本医科学生総合体育大会夏季大会
9月 日本大学体育大会
10月 日本大学創立記念日
医学部追悼法要〔於:築地本願寺〕
翠心祭・若樹祭
12月 付属校・公募推薦入学試験(看護専門学校)
付属高等学校推薦入学試験(医学部)
校友子女入学試験
1月 医学部入学願書受付
2月 医学部入学試験
医師国家試験
3月 東日本医科学生総合体育大会冬季大会
日本大学卒業式〔於:日本武道館〕
医学部学位記授与式

奨学金制度

奨学金制度には,向学心があるにもかかわらず,経済的な理由によって修学が困難となった学生が,安心して学生生活が送れるよう経済的に援助するための奨学金と,成績が優秀な学生に給付される褒賞的な奨学金があります。
経済状況の低迷は学生生活にも影響を及ぼし,経済的援助を必要とする学生が増加傾向にあります。また,現在の経済状態が継続すれば,現行の給付・貸与額を確保することが難しくなることも予想されます。
本学部は,こうしたことを想定して奨学金制度の在り方とその改善策について検討を行っていますが,さらに経済的援助を必要とする学生には,国民金融公庫が取り扱っている『国の教育ローン』や都市銀行の『教育ローン』などの情報を提供しています。
奨学金について詳しく知りたい場合や家庭の経済状況が急変した場合は,学生課に相談してください。なお,学内奨学生・日本学生支援機構奨学金(旧日本育英会奨学生)の募集通知は,毎年4~5月頃に学生課掲示板に掲示します。

1.日本大学の奨学金制度

(1)日本大学奨学金
建学の精神を高揚し,有為の人材の育成のため,向学心があるにもかかわらず,経済的理由により学業の継続が困難な者に貸与する。
(2)日本大学校友会(奨学金付教育ローン)奨学金
日本大学校友会の準会員を対象とした奨学金です。
銀行が提供する既存の教育ローンを基本に,在学中の元金返済の据え置きを可能とし,利息相当額を校友会が奨学金として支給する制度です。
人物が優れているにもかかわらず,経済的な理由により学費の支弁が困難な場合に貸与を受けられます。
申請にあたっては,大学が選考の上,さらに銀行の審査があります。
詳細については,学生課に問い合わせのこと。

2.医学部の奨学金制度

(1) 医学部土岐奨学金
故土岐勝人先生(医学部第1回卒業生)から寄贈された基金を運用して,学業成績・人物が優れている者に給付する。
(2) 医学部永澤奨学金
故永澤 滋先生(医学部第1回卒業生)の業績を顕彰するため同窓会から寄贈された基金を運用して,学業成績・人物が優れている者に給付する。
(3) 医学部同窓会60周年記念医学奨学金
同窓会から寄贈された基金を運用して,学業成績・人物が優れている者,又は向学心があるにもかかわらず,入学後第一保証人の事故等により学業の継続が困難になっている者に給付する。
(4) 医学部同窓会就学奨学金

3.日本学生支援機構奨学金(旧日本育英会奨学金)制度

日本育英会を解散し,新たに学生支援業務を総合的に実施する独立行政法人日本学生支援機構が設立されました。機構は,我が国の大学等において学ぶ学生等に対する適切な修学環境を整備し,もって次代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成に資するとともに,国際相互理解の増進に寄与することを目的とします。

推薦基準
(1)学 力
(2)家 計

1) 学部生
本人の属する世帯の1年間の総所得金額が日本学生支援機構(旧日本育英会)の収入基準以下であること。
総所得金額とは,その世帯の1年分の総収入から必要経費を控除した金額です。また,母子・父子世帯,就学者のいる世帯,その他特別の事情のある世帯については,特別控除額として,さらに総所得金額から控除されます。ただし,借入金一切控除の対象となりません。
収入基準額については,所在地域,所得の構成,通学形態等によって異なりますので,詳細は学生課にお問い合わせください。
2) 大学院生
出願者本人の総収入金額(配偶者がいる場合はその収入を含む)が収入基準額以下であること。
総収入金額とは,父母等からの給付,奨学金,アルバイト,定職,その他の収入により本人が1年間に得た金額のことです。ただし,定職による収入のうち給与所得以外の場合は,収入金額から必要経費を控除した金額になります。
(3)人 物
学習活動その他生活の全般を通じて態度・行動が学生にふさわしく,将来良識ある社会人として活動できる見込みがある者。
(4)健 康
健康診断によって,修学に十分たえうるものと認められた者。
・奨学生の心得
奨学生に採用された者は,日本学生支援機構(旧日本育英会)の定める奨学規定,その他の規定を守り,日本学生支援機構(旧日本育英会)及び大学の指示に従うとともに,奨学生としての資質の維持向上に努める必要があります。したがって,学業成績が不振になったり,学内外の規律を乱したり,その他生活状況が奨学生として,適当でないと認められたときには,奨学金の交付を打ち切られます。
・奨学金の返還
日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金,日本大学奨学金及び日本大学校友会(奨学金付教育ローン)奨学金は貸与されるものですから,卒業後は定められた期間内に返還しなければなりません。 卒業後返還する場合のことを考えて慎重に選択してください。 返還された奨学金は,後輩の奨学金として再び活用されます。
・予約進学者へ(進学届の提出)
高等学校で大学第一種奨学生採用候補者及びきぼう21プラン奨学生として決定通知を受け取っている者は,「大学第一種奨学生及びきぼう21プラン奨学生採用候補者進学届」を指定期日までに学生課まで提出してください。 期日までに提出されない場合は,採用取消になりますので注意してください。
4.地方公共団体・民間育英団体奨学金制度
募集の時期は4~5月が最も多く,大学に募集の依頼があったものついては,学生課カウンターで供覧できます。 地方公共団体奨学金については,大学依頼のないものもありますので,出身地の教育委員会等に問い合わせてください。

健康管理

1. 保健室・病院診療
保健室は,大学設置基準に基づいて設置され,学生の病気やケガに対する応急処置に備えています。
また,板橋病院等の付属病院においても治療を受けることができます。付属病院において診察を受ける際は「保険証」を持参のうえ,外来窓口で手続きをしてください。一部負担金を医療機関に支払い,領収書を受け取り,月末に学生課窓口にある診療費助成申請書と共に学生課に提出してください。後日,日本大学校友会より指定の口座に返金されます。
2. 定期健康診断
学生は,学校保険法第6条に基づき実施する定期健康診断を受けなければならなりません。診断の結果異常が認められた場合は,更に精密検査を行ってその後の治療方針などを指導することになっています。
3. 学生の障害及び死亡事故等
正課中やサークル活動中等に発生した事故に対し,経済的負担がかからないよう給付金を給付する事故救済制度があります。正課中やサークル活動中に事故にあった場合は,速やかに学生課に相談してください。
・ 構内の喫煙について
全館禁煙となっておりますので,喫煙については,別途掲示してある指定の場所での喫煙を守ってください。

学生相談室

学生相談室ではより快適な学生生活を送るためのさまざまな相談に応じています。
困った問題や悩み事など一人では解決が難しいと感じたときは,遠慮なく学生相談室に相談してください。それぞれの領域の専門家や相談員が,問題解決のために協力して取り組みます。相談内容に関するプライバシーや秘密は守られますので,安心してご相談ください。

(1)相談内容
1)健康上の問題:体調の不良,ストレス・ノイローゼ・気持ちの落ち込みなど心身両面にわたる問題,医療機関の受診方法,専門家の紹介など。
2)人間関係の問題:友人,隣人,親子.異性との対人関係,自分の性格の問題など。
3)学業上の問題:成績の問題,勉学法,苦手科目の克服,将来の進路など。
4)経済的な問題:生活費,授業料などにまつわる問題。 また医学部以外に日本大学本部の学生相談センターも相談できます。相談員が常時在室しており,所属学部を問わずご利用できます。
(2)申込方法
1)学年担当の教員,保健室の担当者に申し出る。
2)医学部の学生課(内線 2140,2141)を通じて相談予約をする。
3)直接,日本大学学生相談センターに連絡をして相談予約をする。
(3)学生相談員
村上正人講師(内科学・心療内科)
松野俊夫講師(心理学)

その他の学生相談員として各学年担任・副担任が応じます。

医学部学生団体組織図

翠心会 翠心祭実行委員会
  クラス委員会
  体育団体
  文化団体

医学部学生サークル一覧

文化団体 体育団体
1. 音楽部 1. 硬式テニス部
2. 写真部 2. 軟式テニス部
3. 美術部 3. バドミントン部
4. 合唱部 4. バレーボール部
5. 社会医療研究会 5. バスケットボール部
6. 将棋部 6. 卓球部
7. L.M.C 7. ゴルフ部
8. 映画研 8. サッカー部
9. ME研 9. ラグビー部
10. 室内楽アンサンブル 10. 柔道部
11. 釣友会 11. 剣道部
12. N-MES 12. 空手道部
13. 演劇部 13. 少林寺拳法
14. 天文学・無線 14. 弓道部
15. トータルフィットネス研 15. 硬式野球部
16. 茶道部 16. 準硬式野球部
17. 医科学研 17. ヨット部
18. ACLS 18. 水泳部
19. 東洋医学研究会 19. スキー部
    20. 陸上競技部
    21. 馬術部
    22. 山岳部(徳沢診療所)
    23. ワンダーフォーゲル部
    24. 自動車部
    25. 軟式野球部
    26. アメリカンフットボール部
    27. ソフトボール部

進路状況

卒業者,修了者の進路状況

   
卒業者
就職者
1 企業等
2 公務員(除教員)
3 教員
進学・留学者
1 大学院進学
2 大学進学
3 専門学校
4 留学
5 その他の進学
臨床研修医(予定者を含む)
75
37
112
上記以外
1 一時的就職
2 その他
3
1
4
就職希望者就職率
卒業者就職率

産業分類別就職状況

産業分類 修了者  
農業、林業      
漁業      
鉱業、採石業、砂利採取業      
建設業      
製造業      
電気・ガス・熱供給・水道業      
情報通信業      
運輸業、郵便業      
卸売・小売業      
金融業・保険業      
不動産業・物品賃貸      
学術研究専門・技術サービス業      
宿泊業、飲食サービス業      
生活関連サービス業、娯楽業      
教育・学習支援業      
医療・福祉
 75
 37
 112
複合サービス事業      
サービス業      
公務      
上記以外